『紫』は免疫力の色

IMG_2348.jpg

これはご近所の
お家のアジサイです。

毎年キレイに咲いて
いつも癒されます


美しいものってなにかしら

キラキラと


高貴で高い波動を
放っている感じがしませんか?





色の持つ波動とか
色が与える体への影響


といった本を
読んでいたら



「紫=脾臓」=
「免疫を高める」


とありました。



え!


lgf01a201408051200.jpg




紫根の効能といえば

肌に使った場合
皮膚の免疫力、自己治癒力を
高める。



見事リンクしてます。





脾臓と言うのは
胃の左側にある
リンパ系の臓器です。
(下側には左の腎臓がある)



リンパ球の生成、
老くなった赤血球を壊す、
血液の貯留などの
機能をもっています。



東洋医学や漢方では
胃を含めた「脾」で表現されます。


リンパと血液は免疫力の強弱に
大きく関係あるんですよね。



脾臓が不調になると
肌にどんな影響があるか?




というと


たるみ
黄ぐすみ
むくみ、過敏肌
など



精神面では


ウツっぽくなる
だるい
めんどくさい
どこも行きたくない
人に会いたくない
何にもしたくない・・




体調面では

水太りor
極端な痩せ体質





こう言った症状が
出やすくなるそうです。



脾臓を癒して治す

紫には
そんな力がある


やっぱり凄い。




昔は高貴な人しか
身につけられなかった色
だそうです。



ちょっと最近元気が無い、
老化してきた、
キレイになりたい



と思ったら


紫を身につけると
よいですね


スキンケアも紫で


肌から紫を与えると
からだの細胞に同調します。






sikon
*紫根 ウィキペディアより



天然の紫根は
大変貴重なもので

現在はそう簡単に
手に入るものではないですが



美容にも健康にも
素晴らしい漢方生薬ですね。

紫根との出会いに
改めて感謝したい思いです。



gahag-0076829784-1.jpg
Have a nice Dream

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
~京都から いいものを 心をこめて~
健康素肌美人を応援します!
予防医学から生まれた紫根スキンケア専門
ミラク・ル・コスメ


京都市右京区龍安寺玉津芝町24
営業時間 平日10:00~17:00
(土曜日はメール受付のみ、日祝休み)
・電話番号 075-204-1358
(研修等を行いながら運営していますので
 研修中は留守番電話でお伺いいたします)
・ファックス番号 075-204-2943


ホームページ
・12月末までキャンペーン
紫根スキンケア商品一覧
・スキンケア&お悩み無料ご相談室
・お客様のお声
・お問い合わせメール

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







関連記事
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM